著者・作者名/出版社名/ブランド名で検索

    詳細検索

    お知らせ・ニュースリリース>>もっと見る

    新着 >>もっと見る

    読売新聞の書評から >>もっと見る

    オススメ

    【期間限定価格】日本を極めた外国人(ニューズウィーク日本版e-新書No.13) ニューズウィーク日本版編集部(編者) ニューズウィーク日本版編集部(編者)日本文化に心底ほれ込み、その道を極めた16人の外国人を紹介! 茶道や能楽といった日本の伝統文化、アニメやラーメンなど日本独自のポップカルチャーに心を奪われ、スペシャリストを目指す達人たち……。 彼らの姿から、日本人が忘れかけていた匠の技、和の心の神髄が見えてくる! <内容> 1、輪島塗に飛び込んだイギリス人女性の23年 2、「メリハリ」が生む深遠な尺八の調べ 3、「道」に導かれてたどりついた茶道の心 4、HENTAIばかりがアニメじゃない! 5、囲碁という果てなき宇宙へ 6、「週5でラーメン食べてます」 7、剣道の心技を究め武士道の神髄を追う 8、イラン人作家と異文化の風 9、木造和船の秘伝を守り抜く職人魂 10、アニメ主題歌をおしゃれに輝かせて 11、仏教に失望した末に到達した座禅の理想郷 12、消えゆく琉球語を守りたい 13、目からウロコの墨絵をより自由に大胆に 14、元エリート外交官はうどんで日韓の橋渡し 15、クリエイティブで奥深い弁当箱ワールドへ 16、英語で追求する能の道 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年8月20日号(夏季合併号)」に掲載された特集記事を、再編集したものです。
    出版社:CCCメディアハウス
    価格:100円

    小説版 スキャナー 記憶のカケラをよむ男 古沢良太 古沢良太美人ピアノ教師が失踪した。手掛かりは乗り捨てられた自転車のみで、警察はまともに取り合わない。刻一刻と時が過ぎるなか、懸命に行方を捜す教え子の亜美が藁にもすがる思いで捜索を依頼したのは、不思議な能力を持つお笑い芸人だった。触れたモノに宿る思念を読み取る仙石と、とにかく弁の立つ丸山。はみ出し者二人と亜美による予測不能の事件捜査が始まる——。著者初の長編ミステリー。 野村萬斎×宮迫博之のダブル主演で映画公開の話題作!
    出版社:集英社
    価格:540円

    絶歌 元少年A 元少年A1997年6月28日。 僕は、僕ではなくなった。 酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが18年の時を経て、自分の過去と対峙し、切り結び著した、生命の手記。 「少年A」——それが、僕の代名詞となった。  僕はもはや血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な「記号」になった。 それは多くの人にとって「少年犯罪」を表す記号であり、自分たちとは別世界に棲む、人間的な感情のカケラもない、 不気味で、おどろおどろしい「モンスター」を表す記号だった。
    出版社:太田出版
    価格:1620円

    『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う 朝日新聞 朝日新聞神戸市の連続児童殺傷事件の加害男性(32)=事件当時14歳=が書いた手記『絶歌』(太田出版)がベストセラーになっている。遺族は出版中止と回収を求めたが、出版社は「社会的な意味がある」として増刷を決めた。重大事件の加害者が事件を題材にした本で利益を得ることは許されるのか? 社会は、これをどう受け止めればいいのか? 犯罪加害者が著書の出版などで得た利益を被害者遺族の手にわたりやすいようにする米NY州の「サムの息子法」に学ぶところはないのか? 森達也氏、諸澤英道氏、荻上チキ氏、斎藤環氏、武田徹氏などの意見を交えて、多角的に切り込む。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6700文字/単行本換算で10ページ】
    出版社:朝日新聞社
    価格:216円

    アクティブメジャーズ 今野敏 / 今野 敏 今野敏公安刑事・倉島の活躍を描くシリーズ第四弾! 「ゼロ」の研修を受けた倉島に先輩公安マンの動向を探るオペレーションが課される。同じころ、全国紙の大物が転落死した。二つの事案は思いがけず繋がりを見せ始める。シリーズ四弾。
    出版社:文藝春秋
    価格:620円

    防諜捜査 今野敏 / 今野 敏 今野敏国益とプライドをかけた防諜戦争の行方は…? ロシア人ホステスの轢死事件が発生。事件はロシア人の殺し屋による暗殺だという証言者が現れた。倉島警部補シリーズ、待望の最新刊!
    出版社:文藝春秋
    価格:1700円

    コンカッション ジーン・マリー・ラスカス(著) / 田口俊樹(訳) ジーン・マリー・ラスカス(著)田口俊樹(訳)米国で今一番スキャンダラスな映画の原作!  戦火のナイジェリアに生まれ、アメリカに渡り監察医となったベネット・オマルは、ある時NFLの元スター選手マイク・ウェブスターの脳を司法解剖する。マイクは引退後に異常行動を取るようになり、破産、離婚。ホームレス同然となり、心筋梗塞で死亡した。  オマルはマイクの脳に、ある異常を発見する。実は異常行動を起こして死んだ選手は彼だけでなく、その選手たちの脳にも同じ症状が見られたのだ。オマルは激しいタックルを繰り返すことが原因と結論づけて論文を発表するが、NFLは彼の主張を受け入れず、逆に彼に圧力をかけはじめるーー  約6000人の選手がNFLを告訴し、オバマ大統領が「自分に息子がいたらフットボールのプレーを許可しない」と発言するなどアメリカ全土を巻き込むことになったアメフット脳震盪スキャンダル。その裏側と、選手の命を守るためにたった一人で巨大組織NFLに立ち向かった医師を描いた衝撃の実話。  ウィル・スミス主演の映画は制作中からNFLとの軋轢が報じられ、2016年の「白すぎるオスカー」の犠牲になったと言われる、アメリカで最もスキャンダラスな映画の原作がいよいよ日本上陸! ※この作品は一部カラーの写真が含まれます。
    出版社:小学館
    価格:896円

    アイアムアヒーロー THE NOVEL 朝井リョウ(著) / 島本理生(著) / 佐藤友哉(著) / 下村敦史(著) / 藤野可織(著) / 葉真中顕(著) / 中山七里(著) 朝井リョウ(著)中山七里(著)葉真中顕(著)藤野可織(著)下村敦史(著)佐藤友哉(著)島本理生(著)アイアムアヒーロー映画化記念豪華小説集。 大人気コミックス『アイアムアヒーロー』の映画化を記念して、朝井リョウ、中山七里、藤野可織、下村敦史、葉真中顕、佐藤友哉・島本理生という豪華執筆陣によるアンソロジー小説集を刊行。ZQNが日本文学界に感染拡大。迫り来る恐怖にあなたは耐えられますか・・・? (内容) ZQN前の世界、比呂美の幸せだったころの物語(朝井リョウ) ZQN細胞を研究している機関で起こった衝撃(中山七里) 陸上部に所属する女子中学生たちに迫り来る恐怖(藤野可織) ZQNに効くワクチンがあるという噂。鈴木英雄が行動を起こす(下村敦史) 将棋の最高峰「名人戦」。戦いを制するのはいったい・・・・?(葉真中顕) 男性目線と女性目線が見事に交錯。息をもつかせぬ合作小説。(佐藤友哉・島本理生) 日本の小説界を代表する作家達が描く「アイアムアヒーロー」の世界。 【ご注意】お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
    出版社:小学館
    価格:1253円

    向田理髪店 奥田英朗 奥田英朗北海道。過疎の町の理髪店。心配性の店主の元にはやたらと町の騒動が持ち込まれる。老いた両親のこと。中国人花嫁をもらった新婦の悩み。50歳過ぎたオヤジたちの恋のさや当て。子供が指名手配になった!——などなど。トラブル解決に右往左往する店主と町の人々の交流を鮮やかに描いた、奥田英朗の筆が冴え渡る極上の一冊!
    出版社:光文社
    価格:1296円

    花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々 唐澤平吉 唐澤平吉「文章は話すように書け」「ひとの身になって考えろ」「編集者は、芸人でなくてはならない」「編集者にとって、字はいのちだ」「眼は高く、手は低く」 ——伝説の編集者・花森安治はきわめつきの頑固でワンマン、そして自由でしなやかな精神をもつ、天才肌の職人だった。 「暮しの手帖」編集部で花森安治、創業者の大橋鎭子と6年間を過ごし、雑誌作りを一から叩き込まれ、だれよりも怒られた元編集部員がつづる回想。 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が、より楽しめる一冊!
    出版社:文藝春秋
    価格:690円

    花森安治の青春 馬場マコト 馬場マコトNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で話題沸騰! ヒロインのモデル・大橋鎭子と「暮しの手帖」を国民的雑誌に育てた名物編集長・花森安治その知られざる青春時代を描く!  解説:後藤正治
    出版社:潮出版社
    価格:650円

    羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016 野口美惠 野口美惠【NumberBOOKS 絶対王者・羽生結弦はいかにして作られたのか】 2014年ソチ冬季五輪でフィギュア男子史上初の金メダルに輝いた羽生結弦。 史上最年少の12歳で全日本ジュニアの表彰台に上がり、14歳で初出場した世界ジュニア選手権では、すでに「僕が日本で2人目の金メダリストになる」と宣言していた。15歳で世界ジュニア優勝、17歳で世界選手権銅メダル、19歳で五輪と世界選手権、GPファイナルの3冠達成。20歳で史上初の300点超えを果たした。 「悔しすぎて、嬉しくなってきました」「僕はレジェンドになりたい。羽生結弦の名前を歴史に刻みたい」「これからは自分のなかで戦いを創り上げていかないといけない」「絶対王者になってやる」その柔和で端正な容姿からは想像できない強い意志を持った「羽生脳」と、そこから導き出される「絶対王者のメソッド」が浮かび上がる。 プロローグ 世界王者への扉を拓いた“羽生メソッド” Chapter 1 ジュニア時代 2008-2010 13歳→15歳 Chapter 2 シニアデビュー 2010-2011 15歳→16歳 Chapter 3 東日本大震災の日々のなかで 2011 16歳 Chapter 4 震災後の1年 2011-2012 16歳→17歳 Chapter 5 海を渡る 2012-2013 17歳→18歳 Chapter 6 ソチ五輪 2013-2014 18歳→19歳 Chapter 7 王者の証明 2014-2015 19歳→20歳 Chapter 8 絶対王者の冒険 2015-2016 20歳→21歳 ※Numberで撮影した未公開写真も満載
    出版社:文藝春秋
    価格:1500円

    50代からのアイドル入門 大森 望 大森 望50歳をすぎたある日、突如「ハロプロ」にハマってしまったSF評論家・翻訳家の大森望さんが書き上げた、実用的アイドル入門書。アイドルってこんなに楽しいのか! と現場に駆けつけたくなる一冊です。
    出版社:本の雑誌社
    価格:1296円

    ままならないから私とあなた 朝井リョウ 朝井リョウ先輩の結婚式で見かけた新婦友人の女性のことが気になっていた雄太。 しかしその後、偶然再会した彼女は、まったく別のプロフィールを名乗っていた。 不可解に思い、問い詰める雄太に彼女は、 結婚式には「レンタル友達」として出席していたことを明かす。 「レンタル世界」 成長するに従って、無駄なことを次々と切り捨ててく薫。 無駄なものにこそ、人のあたたかみが宿ると考える雪子。 幼いときから仲良しだった二人の価値観は、徐々に離れていき、 そして決定的に対立する瞬間が訪れる。 「ままならないから私とあなた」 正しいと思われていることは、本当に正しいのか。 読者の価値観を心地よく揺さぶる二篇。
    出版社:文藝春秋
    価格:1200円

    刑事の勲章 横山秀夫 横山秀夫電子書籍オリジナル短編! 『64』(2016年5月映画化)に連なる「D県警シリーズ」未収録作 D県警で「陰の人事権者」の異名を恣にしているエース、二渡真治。その懐に食い込んでいると自負していた上原勇三が、N署の刑事官に任命される。 抜擢人事には違いないが、警務畑一筋の上原勇三にとって、畑違いの刑事部は放出と感じられるものだった。 しかもN署では殺人事件の捜査本部が置かれている真っ最中で、上原は一課の刑事たちから蔑ろにされ、更に元刑事OBらが集まる会の圧力に晒され、追い詰められていく……。 2016年4月にテレビドラマ化決定!
    出版社:文藝春秋
    価格:200円

    探偵の鑑定II 松岡圭祐 松岡圭祐2大シリーズ完結・運命の終着点、最終章。天然キャラの凜田莉子が信じられないほどの鑑定眼で難事件に立ち向かう『万能鑑定士Q』。決して笑わない美女、紗崎玲奈が「対探偵課探偵」として悪徳探偵を追う『探偵の探偵』。究極の推理合戦しながら、それぞれの作品世界の今後が描かれる『探偵の鑑定』。二人が追う偽バーキンの謎の裏には驚愕の秘密が。二人と二人を取り巻く者たちの運命は? その真相はすべてここにある。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:734円

    失敗学のすすめ 畑村洋太郎 畑村洋太郎“成功の母”がここにある! 創造力が高まりミスが減るノウハウ。恥や減点の対象ではなく、肯定的に利用することが、失敗を生かすコツ。個人の成長も組織の発展も、失敗とのつきあい方で大きく違う。さらに新たな創造のヒントになり、大きな事故を未然に防ぐ方法も示される——。「失敗は成功の母」を科学的に実証した本書は、日本人の失敗に対する考えを大きく変えた!
    出版社:講談社(文芸)
    価格:596円

    アンデル 2016年4月号 片岡義男 著 / 柴崎友香 著 / 前田司郎 著 / 瀧羽麻子 著 / 斉藤弥世 著 / 松田青子 著 瀧羽麻子 著松田青子 著斉藤弥世 著前田司郎 著柴崎友香 著片岡義男 著<連載長編小説> ■柴崎友香「千の扉」 ■前田司郎「異常探偵 宇宙船」 ■瀧羽麻子「松ノ内家の居候」 <連作短編小説> ■松田青子「おばちゃんたちのいるところ Where the Wild Ladies Are」 <短編小説> ■片岡義男「いまのような密会の時間」 <4コママンガ> ■斉藤弥世「左右石先生と書生」
    出版社:中央公論新社
    価格:216円

    入門 医療政策 誰が決めるか、何を目指すのか 著:真野俊樹 著:真野俊樹高齢者医療費の増大、TPP参加と皆保険制度等、日本の医療は嵐のなかにある。また、医療者・政府・患者等、関係者の利害対立も激しさを増している。これまでは“カンと度胸”で決定されてきた医療政策も、いまやデータの裏付け・検証や理論に基づく施策が求められている。本書は、医療政策の課題、学問的裏付け、決定過程の実態、諸外国の例、今後の展望について解説し、新たな学問としての医療政策学の必要性を説く。
    出版社:中央公論新社
    価格:810円

    蘇我氏−古代豪族の興亡 著:倉本一宏 著:倉本一宏蝦夷・入鹿父子は六四五年の乙巳の変で討たれたが、蘇我氏は滅亡せず、以後も国家権力の中枢に位置した——。稲目を始祖とした馬子、蝦夷、入鹿の四代はいかに頭角を現し、大臣として国制改革を推し進めたのか。大化改新後、氏上となった倉麻呂系は壬申の乱へとつづく激変の時代をどう生き延びたのか。六世紀初頭の成立から天皇家を凌駕する権勢を誇った時代、さらに平安末期までを描き、旧来の蘇我氏イメージを一新する。
    出版社:中央公論新社
    価格:734円

    男子御三家 なぜ一流が育つのか 著:おおたとしまさ 著:おおたとしまさ責任感の強い長男・開成。要領の良い次男・麻布。マイペースなこだわり屋の三男・武蔵。伝統ある名門中高一貫校の三校は、個性は違うがどことなく似ている。超進学校ゆえに、「詰め込み式の受験予備校」と誤解されがちだが、実は揺るぎない建学精神と「真のゆとり教育」があるからこそ、一流が育つのだ。全国の学校を駆けめぐる著者が、強さの秘密に迫る。
    出版社:中央公論新社
    価格:734円

    鉄道会社の経営 ローカル線からエキナカまで 著:佐藤信之 著:佐藤信之通勤通学に欠かせない大都市の路線、飛行機と熾烈な競争を繰り広げる新幹線、風光明媚なローカル線……。日本の鉄道はバラエティに富んでいるが、それらの経営はいったいどのようにして成り立っているのだろうか。観光に活路を見出す地方私鉄、エキナカで増収を図るJRなど、身近にありながら知ることの少ない鉄道会社の経営について、歴史と現状を解説。さらに今後の鉄道を、誰が、どうやって維持していくかを提言する。
    出版社:中央公論新社
    価格:864円

    エディー・ウォーズ 生島 淳 生島 淳2015年9月19日英国の地で、ラグビー日本代表は、日本のみならず世界のラグビー史に残る勝利をあげた。W杯の舞台で強豪南アフリカを接戦の末、制したのだ。あの試合最後のホイッスルが鳴るまでに、選手たちが過ごした時間は4年近く。それを率いたのは、稀代の勝負師、エディー・ジョーンズ。エディーは、選手たちを徹底的に追い込み、人生最大の負荷をかけた。そこで生じた軋轢とこれまでにないパワー。選手、関係者30人を超える取材により、その一部始終が明らかになる。
    出版社:文藝春秋
    価格:1200円

    中高年、登りきってもいないのに下り坂 綾小路きみまろ 綾小路きみまろ若いころは「七転び八起き」の人生だったご主人も、いまでは「七転びやっと起き」に! 結婚式では「お雛さま」のようだった奥さまも、いまでは「サケをくわえたクマの置物」に! ——登りきったつもりはぜんぜんないのに、年を取ればだれもが歩く「下り坂」。それならいっそ、笑って元気に駆け下りちゃいましょう。本書は、潜伏期間三十年を経てブレイクした「中高年のアイドル」が、絶口調に磨きをかけて世に送るPHP文庫の好評シリーズ第8弾。ベストセラーとなった『有効期限の過ぎた亭主 賞味期限の切れた女房』からの累計部数は、文庫だけで150万部。大人気で快走を続ける漫談家のスーパートークをとくとご堪能あれ! 「七夕より棚ぼたがうれしい中高年」「このままではニッポンから人類がいなくなります」「高齢者はオープンカーに乗りましょう」など、冴えわたる爆笑ネタが、過労や加齢で弱った心に活力を与えてくれること間違いなし、です。
    出版社:PHP研究所
    価格:500円

    なんちゃぁない話 安倍夜郎 安倍夜郎大ヒット漫画「深夜食堂」の著者・安倍夜郎の漫画「これで会社を辞められる」+エッセイ本。デビュー当時のことなどを語った貴重なロングインタビューも収録。ちなみにタイトルの「なんちゃぁない話」というのは、高知県の幡多(はた)地方の方言で「なんてことのない話」という意味。「なんちゃぁない話」は、著者の故郷である四万十市(旧中村市)を中心とした幡多地方で配布されている年4回刊のフリーペーパーに連載されているもの。著者の故郷・中村の思い出や「深夜食堂」の裏話などが淡々と綴られている。ロングインタビュー「なぜボクは四十一歳でデビューしたのか」は、著者の母校・早稲田大学の漫画研究会の同人誌に掲載されたもの。インタビューは著者の2学年先輩の堀井憲一郎氏が聞き手となって、著者の自宅で酒を酌み交わし(?)ながら行われたもので、著者のデビューのいきさつや漫画観などが臨場感をもって語られている。ファンには必見のインタビューである。
    出版社:実業之日本社
    価格:778円

    私を通りすぎたスパイたち 佐々淳行 佐々淳行戦前、戦中、戦後の日本を揺るがした大スパイ事件に、直接、間接的に関与し、日本のインテリジェンスをつくりあげた著者が初めて明かすスパイたちの素顔! 「ゾルゲ事件」……ドイツの新聞記者を装いつつソ連のスパイとして活動した男と、著者の父との関係。 「ラストボロフ事件」……亡命したソ連の二等書記官が明らかにした日本人への工作の実態。 「レフチェンコ事件」……アメリカに亡命したKGB少佐が証言した日本人エージェントの正体。 こうしたスパイ事件の回想のみならず、著者自身のインテリジェンス活動、アメリカでのスパイ研修、ハニートラップの実態、そして大物“スリーパー”瀬島龍三の秘話などを詳細に綴る。
    出版社:文藝春秋
    価格:1300円

    琉球の風 陳舜臣
    出版社:講談社(文芸)
    価格:950円

    SRO episode0 房子という女 富樫倫太郎 著 富樫倫太郎 著幼い頃から、誰よりも非情なことを平然とやってしまう近藤房子。小学校6年の時、唯一の理解者であった最愛の姉が自ら命を絶ってしまう。その理由を知った房子は、実の父に殺意の目を向けるのだった——。SROを翻弄し続けるあの最凶の殺人鬼が、驚愕の半生を語る。その過去はあまりにも衝撃的! 大人気警察小説、待望のシリーズ最新刊。
    出版社:中央公論新社
    価格:540円

    あなたが愛した記憶 誉田哲也 誉田哲也興信所を営む曽根崎栄治の前に、女子高生・民代が現れる。十九年前に突然姿を消した恋人・真弓が産んだ栄治の娘だと主張する彼女は、二人の人物を探して欲しいと依頼する。半信半疑ながら栄治が調査を進めるうち、民代は、調査対象者のどちらかが世間を騒がす残虐な連続監禁殺人事件の犯人だと言いだし……。この子は一体、何者なのか。犯人の正体は何なのか。ノンストップ恋愛ホラーサスペンス!
    出版社:集英社
    価格:637円

    合本 64(ロクヨン)【文春e-Books】 横山秀夫 横山秀夫2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説。2015年のテレビドラマ化につづき、2016年に前編(5月7日公開)・後編(6月11日公開)として映画化! 大ヒット警察小説、待望の合本化! 昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!
    出版社:文藝春秋
    価格:1380円

    バビロンの秘文字II 追跡篇 堂場瞬一 著 堂場瞬一 著アメリカとロシアの思惑とラガーンの内部分裂。世界を変える〈バビロン文書〉の争奪戦が激化する! 堂場瞬一の新境地にして最高傑作。怒濤の書き下ろし3ヶ月連続刊行。 スウェーデンとデンマークを繋ぐ橋で、謎の軍用ヘリの襲撃を受け、鷹見の目前で〈粘土板〉と共に海に沈んでいった里香。爆風に巻き込まれた鷹見も負傷する。一方、ラガーン建国の動きに、アメリカ、ロシアの2大国がそれぞれの思惑を旨に動き出し、失意に沈む鷹見にCIAのエージェント、ウォンが接触してきた。世界を変える真実を秘めた〈バビロン文書〉の争奪戦に巻き込まれる。歴史アクション・ミステリー第2弾。
    出版社:中央公論新社
    価格:1469円

    サブマリン 伊坂幸太郎 伊坂幸太郎「武藤、別におまえが頑張ったところで、事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。そうだろ? いつもの仕事と一緒だ。俺たちの頑張りとは無関係に、少年は更生するし、駄目な時は駄目だ」/「でも」/うるせえなあ、と言いたげに陣内さんが顔をしかめた。/「だいたい陣内さん、頑張ってる時ってあるんですか?」/と僕は言ったが電車の走行音が激しくなったせいか、聞こえていないようだった。(本文より)
    出版社:講談社(文芸)
    価格:1296円

    デルフィニア戦記 第III部 動乱の序章5 茅田砂胡 著 茅田砂胡 著隣国の版図拡大をおそれるタンガ・パラスト両国王。彼らは、デルフィニア王妃暗殺を密かにファロット一族へ依頼した。暗殺集団の威信にかけ最強の術者を送り出すファロット一族——コーラル城の華やかな喧噪に紛れ、巧妙に、精緻に張りめぐらされる暗殺の罠。リィに最大の危機が迫る!
    出版社:中央公論新社
    価格:540円

    棟居刑事の凶縁 森村誠一 著 森村誠一 著群馬県榛名山中から、白骨化した女性の死体が見つかった。二十五年前、当時大学生であった三人が轢き逃げを隠すために埋めた死体である。医師、エリート銀行マン、流行作家となった彼らを突如襲う恐怖。その最中、三人のうちの一人が銀行強盗に殺害される。果たして、この死には二十五年前の怨念が込められているのか——。
    出版社:中央公論新社
    価格:594円

    本のなかの旅 湯川 豊 著 湯川 豊 著宮本常一、吉田健一、開高健、ヘミングウェイ、中島敦……。旅をすることにより、生き、書いた人々。文学者のみならず、登山家、冒険家、釣り人たち18人が遺した旅の記憶を読み解くエッセイ集。
    出版社:中央公論新社
    価格:756円

    忍者太閤秀吉 司 悠司 著 司 悠司 著小猿から太閤へと上り詰めた秀吉、そして天下を統一した家康。二人は忍者だった——。秀吉は長年仕えた信長暗殺を決意し、竹中半兵衛・石川五右衛門・蜂須賀小六らの精鋭とともに本能寺を急襲した。主君を裏切る苦悩の決断だったが、彼ら“山の民”にとって信長の天下獲りを阻止することは、今や使命となっていたのだ……。長編伝奇時代小説
    出版社:中央公論新社
    価格:432円

    第三次世界大戦1 太平洋発火 大石英司 著 大石英司 著ロサンゼルスで、ある事件が白昼に起こる。祖国で巨額の横領を働いた男に、中国特殊部隊“ドラゴン・スカル”が接触したのだ。彼らは米国へ逃げた人物の奪還を任務としていたが、この時に出た予想外の犠牲者が、ホワイトハウスに激震を与える。IT長者で、大統領の最大支援者の妻子が巻き添えになってしまったからだ。謝罪を求める米国に対し、中国も「人民の金を不正に使い込んだ男を、米国は情報提供と引き替えにずっと匿っていた」と不快感を示す。そしてこの小さな事件が、後に日本を、世界をも巻き込む大戦のはじまりとなっていった。「第三次世界大戦」シリーズ、堂々スタート!
    出版社:中央公論新社
    価格:648円

    じぶんというもの 金子光晴老境随想 金子光晴 著 金子光晴 著じぶんの歩いてきた路すじのあやまちを、それそこに石がある、こちらに木の根があると、知らせたい気持ちでいっぱいだからである(「青春について」)。恋愛について、反抗について…漂泊の詩人が波瀾万丈の来し方をふり返り、人生の後輩に向けて贈る人生指南。  〈巻末イラストエッセイ〉ヤマザキマリ
    出版社:中央公論新社
    価格:670円

    ゴルフ 酒 旅 大岡昇平 著 大岡昇平 著ゴルフは絶えざる自己との戦いである——。世は空前のゴルフブーム。その魅力に取り憑かれた著者が、その効能を説き、獅子文六、小林秀雄、石原慎太郎ら文士との交友を綴る。そして、はじめて飲んだ日本酒の味や、米欧旅行の見聞……。多忙な作家の執筆の合間には、いつも「ゴルフ、酒、旅」があった。 〈解説〉宮田毬栄
    出版社:中央公論新社
    価格:637円

    獄中手記 磯部浅一 著 磯部浅一 著「天皇陛下 何と云う御失政でありますか」「皇祖皇宗に御あやまりなされませ」。貧富の格差に憤り国家改造を目指して蹶起した二・二六事件の指導者が獄中で綴った、叫びにも似た言葉の数々は、三島由紀夫の「英霊の聲」等にも影響を与えた。未刊行の手記や書簡もあわせて収録。 〈解説〉筒井清忠
    出版社:中央公論新社
    価格:864円

    C★NOVELS Mini 美食学探偵サバラン 愛川 晶 著 愛川 晶 著有名レストランが企画した、暗闇の中で最高の味覚を愉しむディナー「ヤミレス」。そのテーブルについた有名画家・胡堂佑磨が、食事の最中に刺殺された。護衛のために同席していた新米刑事・大福千晴は、なりゆきで連れてくることになってしまった謎の高校生、佐波乱が繰り広げる名推理に圧倒される。はたしてサバラン少年は、ガストロノミー(美食学)の知識と超人的な味覚で真相を暴けるか。 (「yorimoba」掲載 2012.11.25〜2013.4.24)
    出版社:中央公論新社
    価格:108円

    C★NOVELS Mini 巨艦を継ぐもの 南海蒼空戦記番外篇 横山信義 著 横山信義 著戦艦に憧れ、自分の手で強力な戦艦を作りたくて海軍の造船士官となった男・山内誠は、最強の戦艦となる一号艦(大和)の担当を命じられたときには、天にも昇る心地だった。だが昭和一三年二月、広島県南部を襲った震度六の大地震が山内の運命を大きく変えてしまう。船台上から落下した一号艦は廃艦となり、呉海軍工廠は一年に亘って使用不能に追い込まれたのだ——。日本が大艦巨砲主義を放棄し航空主兵に転じるプロセスを、一造船士官の視点を通じて描く、「南海蒼空戦記」待望のスピンオフ! (「読売プレミアム」連載 2015.6.1〜8.31)
    出版社:中央公論新社
    価格:108円

    C★NOVELS Mini 水神様の夏祭 神様は突然やってくる 天堂里砂 著 天堂里砂 著水の神・縹と、豊穣の神・萌葱という美形の神様に気に入られた高校生の青葉は、彼らの地元で開催される夏祭りに行くことに。思わぬにぎわいに驚く青葉だが、途中迷子になったという幼い女の子に出会う。彼女は古めかしい着物を着て、どうやら現代の子供ではないようで——? (「読売プレミアム」連載 2015.7.1〜9.30)
    出版社:中央公論新社
    価格:108円

    C★NOVELS Mini 《守るべき宝》 絵画魔術師トルフカ・ミットの旅路 夏橋 渡 著 夏橋 渡 著若き日の探検家の夢破れて、盗掘で糊口をしのぐエーシュ。ある日、商会に売り込んだ金塊が忽然と姿を消し、お尋ね者となってしまう。そこに現れた少年と女剣士が、魔法の絵画の仕業だと言い、金塊を手に入れた場所へ案内するよう言うが……。 (「読売プレミアム」連載 2015.8.1〜10.31)
    出版社:中央公論新社
    価格:108円

    C★NOVELS Mini 蓮華君の特に何も無い日曜日 蓮華君の不幸な夏休み番外篇8 海原育人 著 海原育人 著ノラ能力者狩りも一休み、亘理さんのリクエストでポトフの材料を買いに出た蓮華はなぜかスーパーで強盗の人質になっていた!? そこにはあの髭のOLこと火曜日の各務さんもいて……。C★NOVELSで好評の「蓮華君の不幸な夏休み」シリーズのまったりウラ版登場! 海原育人が贈るバトル!・ホラー?・アクション!! (「yorimoba」掲載 2013.11.25〜2014.03.24)
    出版社:中央公論新社
    価格:108円

    浮雲心霊奇譚 妖刀の理 神永 学 神永 学時は幕末。動乱の世を背景にした様々な怪事件を、一人の「憑きもの落とし」が人知れず解決へと導いていた。その男の名は「浮雲」。男が目に赤い布を巻いているのは、「死者の魂」を見据える「赤い瞳」を隠すためだった——。「心霊探偵八雲」のルーツを描く怪異謎解き時代劇、待望の第2弾! 夜道で辻斬り事件に遭遇した武家の娘・伊織。その時、異様な殺気を放つ男の幽霊を見てしまい…!?(辻斬の理) 祟りがあると噂の幽霊沼。とある目撃者が憑きもの落としを望むが、事態は思わぬ方向へと転がり…!?(禍根の理) 妖刀・村正による惨劇の場に居合わせた絵師・八十八。事件の背後に、浮雲の宿敵である呪術師・狩野遊山の影を見て…!?(妖刀の理) エンタメファン必見の傑作連作短編、3編収録!!
    出版社:集英社
    価格:1037円

    青き犠牲(いけにえ) 連城三紀彦 連城三紀彦高名な彫刻家の杉原完三が、自宅兼アトリエから姿を消した。一カ月後、完三は武蔵野の林から遺体で発見された。犯人は誰なのか。高校3年生の息子・鉄男の出生の秘密、美貌の母と鉄男の異常な関係など、杉原家の抱える歪んだ家族関係が明らかになり、容疑は息子の鉄男に向けられるが、仰天の顛末とは——。「ギリシャ悲劇」を絡めた連城三紀彦初期の傑作長編ミステリー。
    出版社:光文社
    価格:540円

    ST プロフェッション 今野敏 今野敏連続誘拐事件発生! 解放された研究者たちに「呪い」が!? 「科学では解明できない犯罪」に特能集団STはどう立ち向かう——。大学の同じ研究室に所属する3人が続けて誘拐され、すぐに解放された。被害者は揃って「呪い」をかけられたと証言し、2人が原因不明の急病に。被害者たちにプラシーボ(偽薬)効果が? 犯人は大学関係者? 常識では解決できない事件に“プロの神髄”を見せたSTが導く意外な真相とは……
    出版社:講談社(文芸)
    価格:702円

    幽霊刑事 有栖川有栖 有栖川有栖俺は神崎達也。職業、刑事。美人のフィアンセを残して無念にも射殺された……はずが幽霊に!? しかも犯人の上司が密室状況で何者かに殺されて……。いったい真犯人は誰なんだ! そして俺はどうなってしまうんだ! ミステリーとラブストーリーが融合、2001年度本格ミステリー・ベスト10入りの傑作。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:810円

    アンと青春 坂木 司 坂木 司美人で頼りがいのある椿店長。「乙女」なイケメン立花さん。元ヤン人妻大学生の桜井さん。そして、食べるの大好きアンちゃん。みつ屋のみんなに、また会えます——。同じデパ地下に入っている洋菓子屋『K』で働く柏木さんに少し振り回され気味のアンちゃん。同僚の立花さんや椿店長とも、なんだかぎくしゃく。悩むアンちゃんの手元にある日、謎めいた和菓子が残された。これは、何のメッセージなんだろう。ヒット作、待望の続編。
    出版社:光文社
    価格:1296円

    共震 相場英雄 相場英雄『震える牛』『ガラパゴス』著者の原点!  大和新聞東京本社の遊軍記者である宮沢賢一郎は、東日本大震災後、志願して仙台総局に異動する。沿岸被災地の現状を全国の読者に届けるため、「ここで生きる」というコラムを立ち上げた。そんななか、宮沢とも面識のある県職員が、東松島の仮設住宅で殺害された。被害者の早坂順也は、県職員という枠を越えて、復興のために力を尽くしてきた人物だった。早坂は亡くなる直前まで、被災地の避難所の名簿を調べていたという。  舞台は、石巻、釜石、陸前高田−−。著者渾身の鎮魂と慟哭のミステリー。
    出版社:小学館
    価格:745円

    ガラパゴス 相場英雄
    出版社:小学館
    価格:1361~1458円

    マンガでわかりやすい ストレス・マネジメント(きずな出版) 大野裕 大野裕精神科医・大野裕先生の監修・解説によるマンガシリーズ第2弾! 今作のテーマは「ストレス・マネジメント」。私たちを苦しめる様々なストレスですが、じつは悪い面ばかりではありません。それどころか、ストレスを味方にすることで、潜在的なこころの力を引き出すことができるのです。本書は、それぞれ立場、年齢、性別の違う4人の主人公が、ストレスを味方にしていくストーリーをオムニバス形式のマンガで紹介。大野裕先生の解説頁も豊富に収録。イライラする自分、落ち込む自分、あせる自分を否定してしまうすべての人へ贈る一冊。
    出版社:PHP研究所
    価格:1200円

    Who Gets What(フー・ゲッツ・ホワット) —マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学 著:アルビン・E・ロス / 訳:櫻井祐子 著:アルビン・E・ロス訳:櫻井祐子愛、臓器、人気企業への就職、有名大学への進学・・・世の中には「お金」では買えないものがある。互いが互いを選ぶ「組み合わせ」が必要だ。最適・効率的な「組み合わせ」はどうすれば実現できるか。マッチメイキングとマーケットデザイン研究で世界をリードするノーベル経済学賞受賞者が、従来の経済学が扱わなかった新領域を分かりやすく解説します。
    出版社:日本経済新聞出版社
    価格:2160円

    「理」と「情」の狭間 磯山友幸 磯山友幸 本書は、2015年に世間を賑わせた「大塚家具騒動」の顛末記である。父である大塚勝久会長と娘の久美子社長が経営権を巡り株主総会で争った様は、テレビのワイドショーの格好のネタになり、お茶の間の話題をさらった。  「理」で推した久美子社長と、「情」に訴えた勝久会長の戦いはなぜ起きたのか。本当に得をしたのは誰か。創業者が立ち上げた「家業」を、社会全体のものである「公器」に変えようとした久美子社長の思いとは何だったのか。騒動をつぶさに観察してきたジャーナリストが、徹底取材と単独インタビューで、久美子社長の胸の内に迫る。  大塚家具を巡る家族間の対立は、どこの家庭でも、そして、どこの家族経営の企業でも、普通に起きることだろう。だからこそ、あれだけ世の中の関心を集めたに違いない。逆に言えば、この騒動から学ぶことがたくさんあるのだ。本書では、「大塚家具騒動」の一部始終を振り返りながら、同族経営の限界と、ガバナンス面での課題を真正面から考える。
    出版社:日経BP社
    価格:1620円

    拳の先 角田光代 角田光代恐怖と不安の先にあるものとは。感動長編! 文芸編集者の空也はボクシング選手・タイガー立花の日々を見つめ続けるうち、不吉な予感を覚える。才能とは。逃げるとは。傑作長編!
    出版社:文藝春秋
    価格:1900円

    新装版 マジックミラー 有栖川有栖 有栖川有栖琵琶湖に近い余呉(よご)湖畔で女性の死体が発見された。殺害時刻に彼女の夫は博多、双子の弟は酒田にいてアリバイは完璧。しかし兄弟を疑う被害者の妹は推理作家の空知とともに探偵に調査を依頼する。そして謎めく第二の殺人が……。犯人が作り出した驚愕のトリックとは?有栖川作品の原点ともいえる傑作長編。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:788円

    小泉純一郎独白 常井健一 常井健一小泉純一郎はいま、どんなことを考えているのか? 政界引退後もなお、その記憶が語り継がれ、人気の衰えも知らぬ元総理。 総理官邸を後にして10年、初めてロングインタビューに応じ、 ノンフィクションライターと向かい合った4時間半。 安倍政権、野党再編、原発ゼロ、闘争の作法、盟友との決別、息子・孝太郎と進次郎、我が「余生」……。 「小泉純一郎にオフレコなし」 一年生議員の頃から永田町界隈の記者たちの間でそう謳われただけあって、ロマンスグレーの男はざっくばらんに語った。 小泉純一郎は過去をどう総括し、どんなニッポンの未来を構想しているのだろうか──。 ●「原発は安全、安い、クリーン。これ全部ウソだ」 ●「選挙に弱い政治家は圧力に弱いんだよ」 ●「酒と女は二ゴウまでって(笑)」 ●「小沢一郎は橋本龍太郎より面白かったな」 ●「俺なら原発ゼロを総選挙の争点にする」 ●「安倍さんは全部強引、先急いでいるね」 ●「議員やめてから靖国に一度も行ってないよ」 ●「自民党は総理に何言おうが自由だった」 ●「進次郎の結婚は四十過ぎでいいよ」 ●「政界っていうのは敵味方がすぐ変わるんだよ」 ●「『女性遍歴を書いてください』って言われる(笑)」
    出版社:文藝春秋
    価格:900円

    村上春樹は,むずかしい 加藤典洋著 加藤典洋著はたして村上文学は,大衆的な人気に支えられる文学にとどまるものなのか.文学的達成があるとすれば,その真価とはなにか——.「わかりにくい」村上春樹,「むずかしい」村上春樹,誰にも理解されていない村上春樹の文学像について,全作品を詳細に読み解いてきた著者ならではの視座から,その核心を提示する.
    出版社:岩波書店
    価格:864円

    愚者の連鎖 アナザーフェイス7 堂場瞬一 堂場瞬一完全黙秘の容疑者。その背景には何が? 後山の指令で、長く完全黙秘を続ける男を取り調べることになった大友。沈黙の背後には驚くべき過去が……大人気シリーズ第7弾。
    出版社:文藝春秋
    価格:770円

    死の淵を見た男 門田隆将 門田隆将2011年3月11日、福島第一原発事故。暴走する原子炉。それは現場にいた人たちにとって、まさに「死の淵」だった。それは自らの「死の淵」だけではなく、故郷と日本という国の「死の淵」でもあった。このままでは故郷は壊滅し、日本は「三分割」される。使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いをつづけた男たちは、なにを思って電源が喪失された暗闇の原発内部へと突入しつづけたのか。また、政府の対応は……。「死」を覚悟しなければならない極限の場面に表れる、人間の弱さと強さ。あの時、何が起き、何を思い、どう闘ったのか。原発事故の真相がついに明らかになる。菅直人、班目春樹、吉田昌郎をはじめとした東電関係者、自衛隊、地元の人間など、70名以上の証言をもとに記した、渾身のノンフィクション。
    出版社:PHP研究所
    価格:1400円

    「吉田調書」を読み解く 門田隆将 門田隆将福島第一原発の吉田昌郎所長が、「政府事故調」の聴取に答えた記録「吉田調書」。それを独占入手した朝日新聞が、「所長命令に違反、所員の9割が撤退」と大々的に報じたのは、2014年5月20日のこと。だが、それはあまりにおかしな記事だった。吉田氏本人や現場の人々に取材して『死の淵を見た男』を上梓した著者は、「誤報だ」と声を上げる。すると朝日新聞は「法的措置を検討する」と抗議。以後、両者の闘いは続いてきた。しかし8月、各紙が「吉田調書」を入手して「命令違反なし」と報道。さらに9月11日に政府が「吉田調書」全文を公開するにおよび、遂に朝日新聞は社長の謝罪会見と、編集幹部の退陣に追い込まれたのであった。本書では、誤報事件の核心に何があったのかを当事者である著者自身が徹底追及。さらに、膨大かつ専門的な「吉田調書」の重要部分を読み解き、「全員撤退問題」から「官邸・東電本店と現場の対決」「津波対策」まで、真実をすべて解き明かす! 第一章:朝日新聞の「吉田調書」報道/第二章:謝罪会見/第三章:全電源喪失/第四章:ベントの死闘/第五章:海水注入をめぐる攻防/第六章:部下たちへの感動/第七章:“東日本壊滅”の真実/第八章:「全員撤退」問題の決着/第九章:現場は何と闘ったのか/第十章:津波対策と新聞報道/第十一章:吉田調書が残した教訓
    出版社:PHP研究所
    価格:1101円

    おとなの週末セレクト「噂の店覆面大調査 旨さの真相」〈2016年3月号〉 おとなの週末編集部 おとなの週末編集部巷を賑わす食のニュースや、お腹を空かせる口コミたち。全部行ってみたい! とは思うものの、時間も財布も少し厳しい……。そんなみなさんのために、「おと週覆面調査隊」が総力を挙げて、グルメな噂の大検証を敢行! 日本初上陸店、最新の行列店、ホテルのランチブッフェに最新の商業施設。そして、“ビブグルマン”を獲得したお店まで徹底調査。足を運ぶべき店、食すべき料理を厳選して紹介します。(全36P)
    出版社:講談社(雑誌)
    価格:356円

    おとなの週末セレクト「おいしい寄席&美食の街の今を往く」〈2016年3月号〉 おとなの週末編集部 おとなの週末編集部「落語」を聴いたことはありますか?たったひとりの人間が、語りひとつで繰り広げる世界観は、まさにミラクルな小宇宙。ウィットにあふれ、小粋なネタが満載の落語はおとなの趣味にうってつけ。基礎知識から寄席周辺のグルメまでお届けします。さぁ寄席に行ってみませんか?そして、恵比寿、上野、新大久保、3つの美食の街が今どうなっているか見てきました。盛況か、それとも…。その目で確かめてください。(全20P)
    出版社:講談社(雑誌)
    価格:270円

    おとなの週末セレクト「噂の店覆面大調査 流行りの真相」〈2016年3月号〉 おとなの週末編集部 おとなの週末編集部街に溢れる話題や注目を集める場所、イベント、モノ。まだまだ我々には知らない世界が世の中に広がっています。そこで編集部が気になったものを片っ端から調査してきました。4Dまで進化している最新の映画館システム、本に囲まれて寝られるホテル、極楽な温泉&スパ、実は今ブームなサウナ。そしておっさんレンタルやスイーツマラソン、猫背矯正教室に探偵カフェなど、行った気になってご覧ください。(全17P)
    出版社:講談社(雑誌)
    価格:270円

    探偵の鑑定I 松岡圭祐 松岡圭祐偽バーキンの謎の裏には驚愕の秘密が! 『探偵の探偵』紗崎玲奈と『万能鑑定士Q』の凜田莉子、2大シリーズ完結・運命の終着点。美女目当てに大金が舞う秘密交際クラブで、超高級バッグのバーキンをオトリにした連続詐欺事件が発生。対探偵課探偵・玲奈は、証拠品のバーキンを鑑定する万能鑑定士・莉子の危機を救う。バーキン詐欺女の正体とその目的とは? 2大ヒロインが並外れた探偵力と鑑定眼を駆使して立ち向かう。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:670円

    幕末維新の城 権威の象徴か、実戦の要塞か 著:一坂太郎 著:一坂太郎長い眠りについていた城郭が、ふたたび戦場となる時が来た。外国船からの防備のために五稜郭や品川台場など、西洋式の要塞が建造される。幕長戦争から戊辰戦争にかけては、小倉城や姫路城、そして会津若松城などが砲火に晒された。さらに維新後は士族の反乱や廃城令により、萩城、熊本城などが失われてゆく。全国約40の城郭と要塞が辿った運命を描き、日本人にとって「城とは何か」を考察する。古写真多数掲載。
    出版社:中央公論新社
    価格:886円

    税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ サラリーマン最強の蓄財術 著:大村大次郎 著:大村大次郎○なぜ若くして持ち家が? ○年金を自分で増やす方法 ○自治体の制度を使い倒せ ○上手な「借金術」……税務署員は決して高くはない給料で、裕福な生活をしている。なぜなら彼らは、調査相手の金持ちや事業家の蓄財術を知り尽くしているからだ。ほんのちょっとの知識と手間で、家計はかなり違ってくる。元国税調査官が秘密を明かす人気シリーズ。
    出版社:中央公論新社
    価格:680円

    儒教の知恵 矛盾の中に生きる 著:串田久治 著:串田久治儒教は、統治の基礎を個人の知的修養にもとづく秩序正しい家庭に置いていたため、近代に至るまで、為政者によって盛んに利用されてきた。それゆえ、個人を犠牲にし、家族よりも国家を優先させられた不幸な事例も多い。しかし、儒教は、同時に自然に根ざした人生の指針をわれわれに提示している。本書は、あまたある古典中の逸話を引きながら、矛盾に満ちた現実社会で生き抜く知恵を紹介するものである。
    出版社:中央公論新社
    価格:702円

    新装版 夜中の薔薇 向田邦子 向田邦子気に入った手袋が見つからなくて、風邪をひくまでやせ我慢を通した22歳の冬以来、“いまだに何かを探している”……(「手袋をさがす」)。凛として自己主張を貫いてきた半生を率直に語り、人々のありふれた人生を優しい眼差しで掬いあげる  名エッセイの数々。突然の死の後も読者を魅了してやまない著者最後のエッセイ集。文字が大きく読みやすく、カバーの絵も美しくなった新装版。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:691円

    小説 映画 ちはやふる 時海結以 / 末次由紀 / 小泉徳宏
    出版社:講談社(文芸)
    価格:594円

    双頭の船 池澤夏樹 池澤夏樹大事なのは土の匂いだ。 巨大な波が押し流した町、空が落ちて壊れた土地——災厄に見舞われた沿岸へ、舳先と艫が同じ形をした双頭のフェリーは失恋したての青年と中古自転車を載せて進む。小さなフェリーは、拳銃を持った女や金庫破りや熊と繋がる男などが次々と乗り込み、200人のボランティアと被災者たち、命を失った人々や動物たちを迎え入れ、やがて大きな船となり...。東日本大震災の現実をつぶさに見つめた著者による、被災地再生への祈りに満ちた魅惑の物語。 【著者】 池澤夏樹 1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。 http://www.impala.jp
    出版社:ボイジャー
    価格:475円

    マイファースト赤川次郎 赤川次郎 赤川次郎赤川次郎・作家生活40周年記念フェアのための、お得な期間限定の合本! 人気の5シリーズから、各作品第1巻目を収録。収録作品:『三毛猫ホームズの推理』『若草色のポシェット〜杉原爽香 十五歳の秋〜』『灰の中の悪魔〜新装版〜』『ひまつぶしの殺人』『散歩道〜赤川次郎ショートショート王国〜』 赤川次郎ファンにも入門者にもおすすめする傑作群!
    出版社:光文社
    価格:1620円

    三毛猫ホームズ傑作短編集(全4冊合本版) 赤川次郎 赤川次郎赤川次郎・作家生活40周年記念フェアのための、お得な期間限定の合本! 人気の国民的ミステリー「三毛猫ホームズ」シリーズより選りすぐった「三毛猫ホームズ傑作短編集」全4冊(『三毛猫ホームズの春』『三毛猫ホームズの夏』『三毛猫ホームズの秋』『三毛猫ホームズの冬』)を収録。シリーズのファンにも入門者にもおすすめの傑作集。
    出版社:光文社
    価格:1080円

    赤川次郎ショートショート王国(全3冊合本版) 赤川次郎 赤川次郎赤川次郎・作家生活40周年記念フェアのための、お得な期間限定の合本。ファンクラブ会員から募ったタイトルから紡がれ、会報誌でしか読めないショートショートをまとめた「赤川次郎ショートショート王国」シリーズ。全3巻(『散歩道〜赤川次郎ショートショート王国〜』『間奏曲〜赤川次郎ショートショート王国〜』『指定席〜赤川次郎ショートショート王国〜』)の合計86作品を収録。きらめく技巧とユーモアあふれる珠玉の作品集。
    出版社:光文社
    価格:702円

    自分をバージョンアップする 外食の教科書 本郷義浩(著者) 本郷義浩(著者)テレビ番組を25年以上作り、世界的な音楽家、芸術家、建築家、職人、人間国宝、三つ星シェフ、一部上場企業の社長、ベストセラー作家、売れている芸能人、気鋭のクリエイター、億万長者など、その道でかなりの成功をおさめている世間で言う「一流」の人に数多くインタビューした著者が気づいたこととは……。 「一流の人は、外食を武器としている」ということ。 おいしい料理を食べると心身ともにパワーをもらえ、さらには「行きつけ」の店を持つことはステイタスにもつながることに、彼らは無意識的に気がついているといいます。 本書では、外食を楽しむコツを紹介するとともに、「外食」をキーワードに、自分をバージョンアップし、仕事もプライベートも今より充実させるための具体的な方法を伝授します。
    出版社:CCCメディアハウス
    価格:1296円

    スイッチを押すとき 他一篇 山田悠介 山田悠介政府が立ち上げた青少年自殺抑制プロジェクト。実験と称し自殺に追い込まれる子供たちを監視員の洋平は救えるのか。逃亡の果てに意外な真実が明らかになる。その他ホラー短編「魔子」も収録。
    出版社:河出書房新社
    価格:648円

    蛮政の秋 堂場瞬一 堂場瞬一虚実入り乱れる情報社会を捉えた、渾身の長編! 日本新報の新聞記者・南康祐のもとに届いた一通のメール。そこには大手IT企業「JPソフト」から民自党議員への献金を記したリストが添付されていた。「メディア規制法案」に関わる政界工作だと踏んだ南は真偽を確かめるため調査に乗り出すが、メールを送信したと思われる人間は姿を消していた。同じ頃、疑惑のリストを手に入れた政友党議員の富永卓生は、政権奪還の足がかりとして、予算委員会で民自党を追及する。それが大きな波乱の幕開けになるとは知らず…。
    出版社:集英社
    価格:1555円

    警視庁公安部・青山望 頂上決戦 濱嘉之 / 濱 嘉之 濱嘉之日本公安警察vs中国マフィア 新たな敵はチャイニーズ・マフィア! 悪のカリスマ、神宮寺武人の裏側に潜んでいたのは中国の暗闇だった。青山ら公安がついに挑む。
    出版社:文藝春秋
    価格:710円

    ツアー1989 中島京子 中島京子1989年の香港ツアーで一人の青年が消えた。彼が想いを寄せていた女性、同じツアーに参加した会社員、添乗員……青年を取り巻く人々の記憶は、肝心なところが欠落していた。15年後、彼の行方を追う駆け出しライターは、当時ひそかに流行していた「迷子つきツアー」という奇妙な旅に行き着くが——。記憶のいたずらが、一人の人間の運命を変える。現実と虚構の境が揺らぐ、ミステリアスな物語。
    出版社:集英社
    価格:486円

    増補版 ドキュメント死刑囚 篠田博之 篠田博之幼女連続殺害事件の宮崎勤、奈良女児殺害事件の小林薫、附属池田小事件の宅間守、土浦無差別殺傷事件の金川真大……モンスターたちの素顔にせまる。
    出版社:筑摩書房
    価格:864円

    デルフィニア戦記 第III部 動乱の序章4 茅田砂胡 著 茅田砂胡 著国王を人質にして戦端をひらく——愚劣だが確実な作戦を用いてなお、敗北を喫したタンガとパラスト。デルフィニアの突出をくいとめなければ滅亡するのは……。かくして恐怖に戦く両国王は二国再連合とスケニア、さらにファロット一族を巻き込んでの起死回生の策に出た。
    出版社:中央公論新社
    価格:540円

    笑うハーレキン 道尾秀介 著 道尾秀介 著経営していた会社も家族も失った家具職人の東口。川辺の空き地で仲間と暮らす彼の悩みは、アイツにつきまとわれていることだった。そこへ転がり込んできた謎の女・奈々恵。川底に沈む遺体と、奇妙な家具の修理依頼。迫りくる危険とアイツから、逃れることができるのか? 道尾秀介が贈る、たくらみとエールに満ちた傑作長篇。
    出版社:中央公論新社
    価格:648円

    バビロンの秘文字I 胎動篇 堂場瞬一 著 堂場瞬一 著失踪した恋人、迫り来る襲撃者。亡国の民ラガーンが求める〈粘土板〉の秘密とは? 恋人の里香に会いにストックホルムを訪れた戦場カメラマン・鷹見の目前で、彼女の勤務先である国際言語研究所が爆破された。現場から鬼気迫る様子で走り去った里香に、未解読の〈粘土板〉を持ち出した疑いがかけられてしまう。彼女の行方を追ううちに、事件の陰で暗躍する、自らを古代アッシリアのシュメル人の末裔と称する亡国の民ラガーンの存在を知る。古代と現代を繋ぎ、世界を駆けるアクション・ミステリー遂に開幕! 中央公論新社創業130周年記念作品。
    出版社:中央公論新社
    価格:1469円

    蓮の数式 遠田潤子 著 遠田潤子 著35歳のそろばん塾講師・千穂は不妊治療を始めて10年。夫と義母からの度重なる嫌味に耐え続けてきた。ある日、夫の運転する車がひとりの男と接触してしまう。「金で解決しろ」と事故の処理を押し付けられた千穂は、男の不可解な行動を見て算数障害なのではないかと気づく。男の苦悩を理解し手をさしのべようとする千穂だったが、その行動を訝しみ嫉妬する夫は、異常な行動に出て千穂を追い詰める。これまで抑えてきた感情を一気に爆発させた千穂は、ある事件を引き起こしてしまうのだった——。愛を知らない男と愛を忘れてしまった女の逃避行がはじまる! 文芸評論家たちから絶賛の気鋭が放つ最新長篇。
    出版社:中央公論新社
    価格:1469円

    肉弾 旅順実戦記 櫻井忠温 著 櫻井忠温 著日露戦争の激戦から瀕死の重傷を負いながら生還した一将兵による実戦記。戦場の有様と兵士たちの心情を描いた本作品は世界的に評価され、各国で翻訳された。だが、ここから生まれた「肉弾」という造語はやがて精神主義の標語として悲惨な戦争に迎えられていく。稀代の問題作を、百余年を経て新字新仮名にて初文庫化、初電子書籍化した。 〈解説〉長山靖生
    出版社:中央公論新社
    価格:760円

    自伝 若き日の狂詩曲 山田耕筰 著 山田耕筰 著幼年時代、義兄ガントレットに西洋音楽の手ほどきをうけた耕作は、やがて東京音楽学校に入学、岩崎小弥太の後援をうけ、日本人で初めてベルリンの王立音楽院に入学する…。童謡・オペラの作曲を始め、わが国交響楽運動の創始者として、近代音楽史に輝かしい足跡を残した、山田耕筰の破天荒な青春記。  〈解説〉井上さつき
    出版社:中央公論新社
    価格:950円

    幻痛は鏡の中を交錯する希望 長沢樹 著 長沢樹 著僕に科せられた課題、それは『適切な状況下で《暗殺》される』こと!? 予科院——諜報員養成機関にある才能を見込まれ、強制的に送り込まれた僕の運命は? 名前も顔も全てが偽り。周囲全てが敵という状況下で、僕は、いつ、誰に、どうやって暗殺されなければいけないのか? 手に汗握るスパイゲーム開始!
    出版社:中央公論新社
    価格:1469円

    青と白と 穂高明 著 穂高明 著故郷仙台を激震と大津波が襲った。東京の「私」はその時、テレビを見ながら携帯電話を握りしめていた——。都内在住の作家・悠、そして宮城で被災した悠の母親、妹の視点で描いた、これは葛藤の記憶、そして永遠の記録。宮城県出身の気鋭作家・穂高明が、5年間迷い苦しみながら書き上げた魂の物語。
    出版社:中央公論新社
    価格:1296円

    教場2 長岡弘樹 長岡弘樹週刊文春「2013年ミステリー部門」第一位に輝き、 2014年本屋大賞にもノミネートされ、 警察小説に新機軸を打ち出したベストセラー、いよいよ続編登場! ●第一話 創傷(そうしょう) 初任科第百期短期課程の桐沢篤は、風間教場に編入された不運を呪っていた。医師から警察官に転職した桐沢は、ゴールデンウイーク明けに最初の洗礼を受ける。 ●第二話 心眼 風間教場では、備品の盗難が相次いでいた。盗まれたのは、PCのマウス、ファーストミット、マレット(木琴を叩く枹)。単独では使い道のないものばかりだ。 ●第三話 罰則 津木田卓は、プールでの救助訓練が嫌でたまらなかった。教官の貞方は屈強な体格のスパルタ教師で、特に潜水の練習はきつい。本気で殺されると思ってしまうほどだ。 ●第四話 敬慕 菱沼羽津希は、自分のことを初任科第百期短期課程のなかでも特別な存在だと思っている。広告塔として毎回白羽の矢が立つのは、容姿に秀でている自分なのだ。 ●第五話 机上 仁志川鴻は、将来の配属先として刑事課強行犯係を強く希望している。元刑事だという教官の風間には、殺人捜査の模擬実習を提案しているところだ。 ●第六話 奉職 警察学校時代の成績は、昇進や昇級、人事異動等ことあるごとに参照される。美浦亮真は、同期で親友の桐沢篤が総代候補と目されるなか、大きな試練に直面していた。
    出版社:小学館
    価格:1458円

    バラカ 桐野夏生 桐野夏生震災のため、原発四基がすべて爆発した! 警戒区域で発見された一人の少女「バラカ」。彼女がその後の世界を変えていく存在だったとは——。ありえたかもしれない日本で——世界で蠢く男と女、その愛と憎悪。想像を遥かに超えるスケールで描かれるノンストップ・ダーク・ロマン。子供欲しさにドバイの赤ん坊市場を訪れる日本人女性、酒と暴力に溺れる日系ブラジル人、絶大な人気を誇る破戒的牧師、フクシマの観光地化を目論む若者集団、悪魔的な権力を思うままにふるう謎の葬儀屋、そして警戒区域での犬猫保護ボランティアに志願した老人が見つけた、「ばらか」としか言葉を発さない一人の少女……。人間達の欲望は増殖し、物語は加速する。そして日本は滅びに向かうのだろうか——。桐野夏生が2011年夏から4年にわたって、危機的な日本と並行してリアルタイムに連載してきた作品が、震災から5年を経た今、ついに書籍化!
    出版社:集英社
    価格:1998円

    司馬遼太郎に日本人を学ぶ 森史朗 森史朗司馬遼太郎の作品は何から読めばいいのか? 長編、短編あわせて67編。テーマは戦国時代から江戸期、明治維新へと多岐にわたり、エッセイや紀行文『街道をゆく』では日本各地のみならず、モンゴル、中国、北米、ヨーロッパへと足を伸ばす。 驚異的な仕事を遺した前人未到の巨人作家、司馬遼太郎。 司馬遼太郎の謦咳に接した担当編集者で、戦史家の著者が、偉大なる作家の秘話をまじえつつ、その豊穣かつ膨大な作品世界への取り組み方を若い世代へ伝授。 日本人が誇るべき共通の財産、司馬作品、格好の読書ガイド。
    出版社:文藝春秋
    価格:950円

    パピヨンルージュと嵐の星 海賊と女王の航宙記 茅田砂胡 著 茅田砂胡 著ジャスミンに遠方から連絡してきたのは、惑星ブラケリマで整備士をしているガストーネだった。渓谷競走に参加した時、世話になった相手だ。この男の依頼を受けて、エルナト宙域にある飛翔機の開発工場《テンペスタ》に出向いたジャスミン・ケリー・ダイアナたち。ここでジャスミンが試験飛行を務めるのである。 しかしたとえ試験とはいえこの3人がかかわって、すんなり終わるはずがない。ブラケリマの大統領が絡む大事件が彼らの登場を待っていた!? 大人が主役の舞台が開幕——!
    出版社:中央公論新社
    価格:648円

    水鏡推理2 インパクトファクター 松岡圭祐 松岡圭祐リケジョの星VS.文科省ヒラ職員。世界的発見にまたも捏造疑惑。水鏡瑞希が譲らぬ「正しさ」とは?小生意気だが天才的ひらめきを持つ文科省・不正研究調査チームの水鏡瑞希。 ノーベル賞級の論文を科学誌に掲載した研究員の如月智美は瑞希の幼なじみだった。 勃発する研究ノート窃盗と捏造疑惑。智美に降りかかる災いの真相とは? 官僚を押しのけ霞が関を揺るがすヒラ職員の下克上ミステリ。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:680円

    アンダーグラウンド 村上春樹 村上春樹「それらを通過する前とあととでは、日本人の意識のあり方が大きく違ってしまった」1995年に起きた阪神淡路大震災、そして地下鉄サリン事件。日本の戦後史の転換期を狙い澄ましたかのようなこの二つの悲劇は、地下−−「アンダーグラウンド」から突如噴き出した、圧倒的な暴力の裏と表だった。魂の最奥部を見つめ続けてきた作家が、62人の関係者への丹念なインタビューを通じて浮かび上がらせる現代日本の、そして人間の底深い闇。強い祈りをこめた、渾身の書き下ろしノンフィクション。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:1166円

    23区格差 著:池田利道 著:池田利道一人勝ちとも揶揄される東京都。そのパワーの源は「格差」にあった! 少子化せず、区によっては高齢化も進まない理由とは何か。子育てしやすい区、暮らしやすい区、安心・安全な区、学歴・年収・職業の高い区はどこか。そして山の手ブランドに迫りつつある危機とは? 23区がうねり、力強く成長を続ける、その理由を東京23区研究所所長がデータで解析。成長のヒントはここに隠れている! 区別通信簿付き。
    出版社:中央公論新社
    価格:810円

    特攻—戦争と日本人 著:栗原俊雄 著:栗原俊雄第2次世界大戦末期、追いつめられた日本陸海軍は、爆弾もろとも敵艦船などに体当たりする特別攻撃=「特攻」を将兵に課した。当初は戦果を上げたが、米軍の迎撃態勢が整うと効果は低下。軍は特攻専用の航空機「桜花」、潜水艇「回天」なども投入する。だが大勢は挽回せず、敗戦までの1年弱の間に航空機だけでも4000人が犠牲となった。本書は、日本人特異の「戦法」の起源、実態、戦後の語られ方など、その全貌を描く。
    出版社:中央公論新社
    価格:756円

    覇者の戦塵1944 本土防空戦 前哨 谷甲州 著 谷甲州 著三式中戦車の奮戦により、日本軍はサイパン島内の要所・ガラパン三叉路にて米軍戦車隊の迎撃に成功した。さらに、テニアン島の敵基地を翔竜で空襲。米軍のサイパン・テニアン島の基地整備計画を頓挫させた。これにより米軍は上陸目標を硫黄島に変更し、日本本土への新たな空襲拠点確保を目論む。一方、駿河湾上空での防空戦闘訓練中、夜間戦闘機「極光」が敵偵察機を発見。日中の高高度という過酷な条件下で、極光は搭載した呂式三号爆弾による空中雷撃を試みるが……。戦局はついに、本土上空へと拡大する!
    出版社:中央公論新社
    価格:648円

    南沙艦隊殲滅 上 大石英司 著 大石英司 著中国軍が南沙に建設していた滑走路が、一晩で消滅した。当初は台風被害だと思われたが、偶然海から発見された映像から、何者かに襲撃された事実が浮かびあがる。怒る中国はフィリピン軍、その背後に米軍の関与を疑うが、映像には驚くべきものもが映し出されていた。それは、日本人なら誰もが知る有名な戦艦——絶対に《存在しない》日本の戦艦の姿だ。その情報を得た日本政府は、自国に火の粉がふりかかる前に調査を命じる。乗り込んだのは司馬光二佐と《サイレント・コア》の姜小隊。南沙を訪れた彼らは、謎の敵を追うことになったのだが——?
    出版社:中央公論新社
    価格:648円

    展覧会いまだ準備中 山本幸久 著 山本幸久 著大学時代は応援団に所属し、今は新米学芸員の今田弾吉、28歳。個性的な先輩たちから振られる雑用をこなすことに精一杯の毎日で、いまだ自ら企画した美術展を実現させていない。だが、美術品専門運送会社の美人社員・サクラの存在と応援団OBから鑑定を依頼された一枚の絵が、彼の心に火を付ける——。特別短篇「王子の羊」収録。
    出版社:中央公論新社
    価格:594円

    オン・ザ・ロード 樋口明雄 著 樋口明雄 著家族を失い、絶望していた元刑事の村越は、雪の山中で中国人の梨花と出会う。外国人研修生として来日した彼女は、派遣先の農家で過酷な労働と辱めを強いられ逃げてきたのだ。その背後に迫る残虐な刺客——なぜ梨花は命を狙われるのか。研修制度に潜む闇とは? 孤独な魂を持つ者たちの決死の逃避行が始まる!
    出版社:中央公論新社
    価格:594円

    江古田ワルツ 喫茶〈ひとつぶの涙〉事件簿 鯨統一郎 著 鯨統一郎 著江古田にある日本茶専門喫茶店〈ひとつぶの涙〉には、今日もご近所さんが集まってくる。常連客の持ち込む話や、ふらりと立ち寄った一見さんの抱える悩みを、年齢不詳、自称・元サイコセラピストで元警視庁プロファイラーの“ママ”が鮮やかに解決する。クスリと笑えて心温まるエピソードで綴る全六話。
    出版社:中央公論新社
    価格:540円

    ロマンシエ 原田マハ 原田マハ乙女な心を持つ美術系男子のラブコメディ! 有名政治家を父に持つ遠明寺美智之輔 (おんみょうじみちのすけ)は、子どもの頃から絵を描くことが好きな乙女な男の子。恋愛対象が同性の美智之輔は、同級生の高瀬君に憧れていたが、思いを告げることもないまま、日本の美大を卒業後、憧れのパリへ留学していた。 ある日、アルバイト先のカフェで美智之輔は、ぼさぼさのおかっぱ髪でベース形の顔が目を惹く羽生光晴(はぶみはる)という女性と出会う。凄まじい勢いでパソコンのキーボードを打つ彼女は、偶然にも美智之輔が愛読している超人気ハードボイルド小説の作者。訳あって歴史あるリトグラフ工房idemに匿われているという。 過去にはピカソなどの有名アーティストが作品を生み出してきたプレス機の並ぶその工房で、リトグラフの奥深さに感動した美智之輔は、光晴をサポートしつつ、リトグラフ制作を行うことになるが……。
    出版社:小学館
    価格:1458円

    叛撃 今野敏 今野敏男たちは体を張って闘う。誰かを、何かを守るため——。刑事と暴力団員として再び出会った空手のライバル。その最後の勝負を描く『花道』、新興流派のフルコンタクト空手に、伝統空手の誇りをかけて挑戦する男を描いた『空手道・内海道場』、少女を食い物にする芸能界の売春組織に、スタントマンの憤激の拳が炸裂する『血と埃のバラード』……。著者会心の8編を収録した短編集、待望の文庫化!  男と男のプライドをかけた熱い闘いが始まる!
    出版社:実業之日本社
    価格:577円

    面白くて眠れなくなる人類進化 左巻健男 左巻健男私たちはいったいどこからやって来たのか——。本書では、人類進化にまつわるエッセイを通して、ヒトが誕生するまでの奇跡のような道のりを辿っていきます。近年、新発見が相次いでいる類人猿からホモ・サピエンスへの進化、両生類や原始哺乳類の時代に獲得したさまざまな体の機能、四十億年前の太古の生物から私たちに受け継がれている特徴など、ドラマチックな話が満載。読むと、生きていることの不思議を感じられる一冊です。愛称“ルーシー”という猿人/ピルトダウン人骨捏造事件/私たちのなかに生きるネアンデルタール人/現代人にそっくりな少年の原人/ヒトと類人猿の分かれ道/五本指は原始両生類から始まった?/恐竜と同時代を生きていた原始哺乳類/“イーダ”の化石/顎を獲得して生物の巨大化が始まった/三葉虫と目の誕生/私たちの祖先はナメクジウオ?/最古の生命の痕跡を発見した日本人…
    出版社:PHP研究所
    価格:1101円

    経済政策の“ご意見番”がこっそり教える アベノミクスの逆襲 高橋洋一 高橋洋一アベノミクスは効果があったのか、なかったのか? 消費税増税を断行すべきなのか、回避すべきなのか? アベノミクスの発動に大きな影響を与えた「経済政策のご意見番」が、巷にあふれる「不見識な経済論」を一刀両断し、今後の日本経済の行方をすべて見通す決定版の一冊である。せっかくアベノミクスの成果で上昇気流に乗り始めた日本経済。だが、平成26年(2014)4月の消費税増税で、あたかも離陸中の飛行機が急にエンジンを逆噴射して失速してしまうような結果を招いてしまった。だがこの先、平成27年(2015)10月に8%から10%へ、さらなる税率Upが予定されている。はたして今、日本経済は「いかなる政策」を選択すべきなのか。それを妨げる「世迷言」を声高に主張するのは誰なのか。そして、その誤謬の核心はどこにあるのか。経済予測を次々に的中させてきた著者が、予測も当らぬ“増税煽動エコノミスト”の雑音を吹き飛ばし、日本が進むべき道を明快に描き出す!
    出版社:PHP研究所
    価格:1200円

    さようなら、コタツ 中島京子 中島京子15年ぶりに、しかも誕生日に、部屋に恋人未満の男を招くことになった36歳の由紀子。有休を取り、ベッドの到着を待ち、料理を作って待つが、肝心の山田伸夫が…来ない! 表題作ほか、新入りが脱走した相撲部屋の一夜を描く「八十畳」。やもめ暮らしの大叔父が住む、木造平屋に残る家族の記憶をひもとく「私は彼らのやさしい声を聞く」など、〈7つのへやのなか〉を、卓越したユーモアで描く傑作短篇集。
    出版社:集英社
    価格:486円

    十字架 重松清 重松清いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。そして、のこされた家族は、僕のことをゆるしてくれるだろうか。のこされた人々の魂の彷徨を描く長編小説。吉川英治文学賞受賞作。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:700円

    あの日 小保方晴子 小保方晴子STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。1研究者への夢 2ボストンのポプラ並木 3スフェア細胞 4アニマル カルス 5思いとかけ離れていく研究 6論文著者間の衝突 7想像をはるかに超える反響8ハシゴは外された 9私の心は正しくなかったのか 10メディアスクラム 11論文撤回 12仕組まれたES細胞混入ストーリー 13業火etc.
    出版社:講談社(文芸)
    価格:1512円

    標的 池田真紀子 / パトリシア・コーンウェル
    出版社:講談社(文芸)
    価格:1350円

    決戦!本能寺 宮本昌孝 / 冲方丁 / 木下昌輝 / 天野純希 / 矢野隆 / 伊東潤 / 葉室麟 葉室麟冲方丁伊東潤宮本昌孝天野純希矢野隆木下昌輝決戦シリーズ第三弾!!戦国のいちばん長い夜——本能寺の変。葉室麟(斎藤利三)冲方丁(明智光秀)伊東潤(織田信房)宮本昌孝(徳川家康)天野純希(島井宗室)矢野隆(森乱丸)木下昌輝(細川幽斎)豪華メンバーがみたび集結!乱世の英雄・織田信長を、討った男、守った男、そして、何もできなかった男たち——。その瞬間には、戦国のすべてがある。
    出版社:講談社(文芸)
    価格:1404円

    新・御宿かわせみ特別長編 お伊勢まいり 平岩弓枝 平岩弓枝「御宿かわせみ」四十巻にして初の特別長編! るいやお吉が東海道から伊勢を目指す! のどかな街道風景と、次々に起こる怪事件。国民的時代小説シリーズ第四十巻の記念碑的作品
    出版社:文藝春秋
    価格:1000円

    昨夜のカレー、明日のパン 木皿泉 木皿泉若くして死んだ一樹の嫁と義父は、共に暮らしながらゆるゆるその死を受け入れていく。本屋大賞第2位、ドラマ化された人気夫婦脚本家の言葉が詰まった話題の感動作。書き下ろし短編収録!文庫版解説=重松清。
    出版社:河出書房新社
    価格:648円

    鴨川食堂いつもの 柏井壽 柏井壽京都発!心もお腹も温まります。 板前の父と探偵の娘がお迎えする、看板のない食堂へようこそ。 食にA級もB級もありまへんけど、人間にも一流も三流もありまへん。 京都発!シリーズ初の文庫書き下ろしを電子化! 第一話 かけ蕎麦 親にとって、子どもは幾つになっても子ども。 第二話 カレーライス 人間に、一流も三流もありまへん。 第三話 焼きそば 食捜しはするけど、人捜しはせえへん。 第四話 餃子 罪を許された日の、まかない料理。 第五話 オムライス 好物だったのに、見ると吐き気がしてしまう。 第六話 コロッケ 過ちを認めるのに、遅いも早いもありまへん。 連続ドラマ化!  プレミアムドラマ「鴨川食堂」 NHK BSプレミアムにて2016年1月10日より放送予定(全八話)。 出演 忽那汐里 萩原健一 岩下志麻ほか
    出版社:小学館
    価格:616円

    つまをめとらば 青山文平 青山文平女が映し出す男の無様、そして、真価——。 太平の世に行き場を失い、人生に惑う武家の男たち。 身ひとつで生きる女ならば、答えを知っていようか——。 時代小説の新旗手が贈る傑作武家小説集。 「ひともうらやむ」「つゆかせぎ」「乳付」「ひと夏」「逢対」「つまをめとらば」 男の心に巣食う弱さを包み込む、滋味あふれる物語、六篇を収録。
    出版社:文藝春秋
    価格:1300円

    異類婚姻譚 本谷有希子 本谷有希子「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」——結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、「藁の夫」など短編3篇を収録。第154回芥川賞受賞作!
    出版社:講談社(文芸)
    価格:1134円

    ニュース

    BOOKランキング

    1位

    刑事の勲章

    刑事の勲章 横山秀夫 横山秀夫電子書籍オリジナル短編! 『64』(2016年5月映画化)に連なる「D県警シリーズ」未収録作 D県警で「陰の人事権者」の異名を恣にしているエース、二渡真治。その懐に食い込んでいると自負していた上原勇三が、N署の刑事官に任命される。 抜擢人事には違いないが、警務畑一筋の上原勇三にとって、畑違いの刑事部は放出と感じられるものだった。 しかもN署では殺人事件の捜査本部が置かれている真っ最中で、上原は一課の刑事たちから蔑ろにされ、更に元刑事OBらが集まる会の圧力に晒され、追い詰められていく……。 2016年4月にテレビドラマ化決定! 文藝春秋

     
    2位

    花森安治の青春

    花森安治の青春 馬場マコト 馬場マコトNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で話題沸騰! ヒロインのモデル・大橋鎭子と「暮しの手帖」を国民的雑誌に育てた名物編集長・花森安治その知られざる青春時代を描く!  解説:後藤正治 潮出版社

     
    3位

    C★NOVELS Mini 蓮華君の特に何も無い日曜日 蓮華君の不幸な夏休み番外篇8

    C★NOVELS Mini 蓮華君の特に何も無い日曜日 蓮華君の不幸な夏休み番外篇8 海原育人 著 海原育人 著ノラ能力者狩りも一休み、亘理さんのリクエストでポトフの材料を買いに出た蓮華はなぜかスーパーで強盗の人質になっていた!? そこにはあの髭のOLこと火曜日の各務さんもいて……。C★NOVELSで好評の「蓮華君の不幸な夏休み」シリーズのまったりウラ版登場! 海原育人が贈るバトル!・ホラー?・アクション!! (「yorimoba」掲載 2013.11.25〜2014.03.24) 中央公論新社

     
    4位

    C★NOVELS Mini 水神様の夏祭 神様は突然やってくる

    C★NOVELS Mini 水神様の夏祭 神様は突然やってくる 天堂里砂 著 天堂里砂 著水の神・縹と、豊穣の神・萌葱という美形の神様に気に入られた高校生の青葉は、彼らの地元で開催される夏祭りに行くことに。思わぬにぎわいに驚く青葉だが、途中迷子になったという幼い女の子に出会う。彼女は古めかしい着物を着て、どうやら現代の子供ではないようで——? (「読売プレミアム」連載 2015.7.1〜9.30) 中央公論新社

     
    5位

    探偵の鑑定II

    探偵の鑑定II 松岡圭祐 松岡圭祐2大シリーズ完結・運命の終着点、最終章。天然キャラの凜田莉子が信じられないほどの鑑定眼で難事件に立ち向かう『万能鑑定士Q』。決して笑わない美女、紗崎玲奈が「対探偵課探偵」として悪徳探偵を追う『探偵の探偵』。究極の推理合戦しながら、それぞれの作品世界の今後が描かれる『探偵の鑑定』。二人が追う偽バーキンの謎の裏には驚愕の秘密が。二人と二人を取り巻く者たちの運命は? その真相はすべてここにある。 講談社(文芸)

     
    6位

    花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々

    花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々 唐澤平吉 唐澤平吉「文章は話すように書け」「ひとの身になって考えろ」「編集者は、芸人でなくてはならない」「編集者にとって、字はいのちだ」「眼は高く、手は低く」 ——伝説の編集者・花森安治はきわめつきの頑固でワンマン、そして自由でしなやかな精神をもつ、天才肌の職人だった。 「暮しの手帖」編集部で花森安治、創業者の大橋鎭子と6年間を過ごし、雑誌作りを一から叩き込まれ、だれよりも怒られた元編集部員がつづる回想。 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が、より楽しめる一冊! 文藝春秋

     
    7位

    C★NOVELS Mini - 闇の底の狩人

    C★NOVELS Mini - 闇の底の狩人 横山信義 著 横山信義 著半島の北半分を占める祖国へと撤退する部隊に敵機の追撃が。友軍が潰走するなか、ただひとり大口径対戦車ライフルで双発戦闘機四機に立ち向かう、若き〈猟師の裔〉の死闘! - 迫真の戦場小説。『CN25』所収 中央公論新社

     
    8位

    鉄道会社の経営 ローカル線からエキナカまで

    鉄道会社の経営 ローカル線からエキナカまで 著:佐藤信之 著:佐藤信之通勤通学に欠かせない大都市の路線、飛行機と熾烈な競争を繰り広げる新幹線、風光明媚なローカル線……。日本の鉄道はバラエティに富んでいるが、それらの経営はいったいどのようにして成り立っているのだろうか。観光に活路を見出す地方私鉄、エキナカで増収を図るJRなど、身近にありながら知ることの少ない鉄道会社の経営について、歴史と現状を解説。さらに今後の鉄道を、誰が、どうやって維持していくかを提言する。 中央公論新社

     
    9位

    C★NOVELS Mini 複葉の海鳥 南海蒼空戦記 番外篇

    C★NOVELS Mini 複葉の海鳥 南海蒼空戦記 番外篇 横山信義 著 横山信義 著昭和一六年一二月一日、日本海軍は「艦上哨戒機」という新しい機種の開発を決定。戦時量産型の小型空母に搭載し、対潜警戒に当たることを主任務とする機体だ。開発担当を命じられた三菱の主任技師矢牧辰雄は、用兵側より厳しい要求が突きつけられる。短距離離着陸性能、空戦能力なおかつ、量産のコストは抑え、遅くとも昭和一七年中には量産の目処を付けねばならない——。数々の無理難題を突きつけられ、頭を抱えた矢牧は、親友で航空中研の技師カール・グスマンに相談を持ちかけるが……。「南海蒼空戦記」待望のスピンオフ! 『読売プレミアム』連載 (2015.3.1〜2015.5.31)。 中央公論新社

     
    10位

    獄中手記

    獄中手記 磯部浅一 著 磯部浅一 著「天皇陛下 何と云う御失政でありますか」「皇祖皇宗に御あやまりなされませ」。貧富の格差に憤り国家改造を目指して蹶起した二・二六事件の指導者が獄中で綴った、叫びにも似た言葉の数々は、三島由紀夫の「英霊の聲」等にも影響を与えた。未刊行の手記や書簡もあわせて収録。 〈解説〉筒井清忠 中央公論新社

     

    YOMIURI ONLINE 書評コーナーへ

    YOMIURI PREMIUM

     
     

    ページトップへ